アニメ作品を調べる

検索結果

1〜20件目/28件

劇場

ヒューマン

1970.03.21〜/東宝/70分 1話完結

飛雄馬は栄光の巨人軍に入団した。しかし、喜びもつかの間、致命的な弱点である球質の軽さを露呈し、二軍に降格……。屈辱の二軍生活の中で、遂に変化球“大リーグボール1号”を完成させる。そして、宿命のライバル・花形満、左門豊作との対決の行方は……。

(C)梶原一騎・川崎のぼる/講談社・TMS

劇場

ヒューマン

1970.03.21〜/東宝/63分 1話完結

東京の名門中学から転校してきた鮎川こずえは、劣等性ばかりで即席バレー部を作り、レギュラーチームを負かしてしまった。こずえはキャプテンに推薦され、劣等性グループも正式に入部した。しかし、その後転校してきた早川みどりに、一度はその座を奪われてしまう。だが、チームはみどりのワンマンプレーのために最初の試合で惨敗。チームワークの重要性を初めて知ったみどりは、こずえとのアタック・コンビを完成させ、日本一を目指し歩き始めるのだった。

(C)浦野千賀子・TMS

劇場

ヒューマン

1970.08.01〜/東宝/60分 1話完結

魔球・大リーグボールを完成させた飛雄馬と、宿命のライバル・花形満。この二人の対決。つまり、伝統の巨人対阪神戦・・・。この勝負の行方、そして、飛雄馬の大リーグボールの運命は・・・。また、「最後に恐ろしい事が起こる。」という川上監督の予言とはいったい!!

(C)梶原一騎・川崎のぼる/講談社・TMS

劇場

ヒューマン

1970.08.01〜/東宝/60分 1話完結

日本一を目指す富士見学園バレー部に、浜紀中の四天王が加わった。しかし、四天王の一人・ゆりは、手首を痛めバレーが出来ない体に。妬けをおこし、一度は他校のスパイとなっていたゆりだが、こずえ達の励ましで、今後は陸上部で全力投球すると決意する。そして、いよいよ全国大会。豪快に勝ち続ける富士見学園は、ついに回転レシーブの名手・垣之内がいる福岡中学との決勝戦を迎えた!!

(C)浦野千賀子・TMS

劇場

ヒューマン

1970.12.19〜/東宝/63分 1話完結

世界ジュニア選手権大会に、日本チームの初参加が決まった。こずえ、みどり、垣之内をはじめとする全日本チームは、猪野熊コーチのもと、厳しい強化練習に励み、世界の強豪が待つニューヨークへ乗りこんだ。この大会での最大の強敵は、ソ連のボルチンスカヤの殺人スパイク。これを破らなければ、優勝は望めない。アメリカ、韓国チームらの協力を得て、練習に励む全日本選手。そして、いよいよソ連との決勝戦当日。必勝の作戦を胸に、ソ連の固いブロックに挑む日本チーム。栄光はいずれに輝くか?決戦の時は迫る。

(C)浦野千賀子・TMS

テレビシリーズ

ギャグ&コメディ

1971.02.15〜1971.03.22/東京放送(TBS)系/1話15分 全49話

西暦17世紀。徳川家が平定し、江戸時代が始まったばかりの頃、江戸城下の長屋にひっそりと暮らす中年浪人がいた。男は細々と傘貼りの内職をしながら、男児を一人育てていた。しかし、その男児こそ徳川に倒された豊臣の忘れ形見・若殿のボケ丸であった。浪人の名はムチャ兵衛。元豊臣家の家臣で、豊臣家を再興させようと計画を立て、密かに機会をうかがっていた。しかし、いくら盛り立てようとボケ丸は頼りなく、徳川方の隠密・カブレズキンは周辺をうろつき始め、苦労は尽きない。果たしてムチャ兵衛の願いは叶えられるのか・・・。

(C)森田拳次/大広・TMS

劇場

ヒューマン

1971.03.17〜/東宝/50分 1話完結

富士見学園高校の一年になったこずえと、家業の青果店を継いだ努は、互いに励まし合う親友だった。その頃、こずえの胸には八木沢三姉妹の三位一体攻撃が焼きついて離れなかった。この三姉妹のいる寺堂院高校は、三年連続インターハイで優勝。この攻撃を破らなければこずえ達に栄光はない。そして、こずえ達の血の滲む練習は繰り返され、向かえた寺堂院高校との決勝戦。だが、その最中に努が交通事故で危篤という知らせが届いた。悲しみを胸に、こずえは力の限り新しい技・ダブルアタックに挑戦した。

(C)浦野千賀子・TMS

テレビシリーズ

キッズ&ファミリー

1971.09.01〜1972.12.27/日本テレビ系/1話15分 全135話

一見普通の大原家にはオバケの居候Q太郎が住んでいる。次男坊の正ちゃんとは大の仲良し。取り立てて役に立つわけではないけれど、明るくて元気なQちゃんはすっかり家族の一員となっている。他にもQちゃんの弟O次郎や妹のP子、アメリカ帰りのドロンパ、男勝りのU子さん等、オバケ仲間がやってきて…。

(C)藤子プロ・小学館/TMS

テレビシリーズ

ギャグ&コメディ

1971.09.25〜1972.06.24/よみうりテレビ系/1話15分 全79話

奇天烈なパパと美人なママを持つ、お人よしで天然ボケな小学生バカボンがある町に引っ越してきた。その町には、いつも掃除をしながら「おでかけですか?」と言う“レレレのおじさん”や、「タイホするぞ!」といいながらピストルを連発するおまわりさん等変わった人々が住んでいた。そこに天才児ハジメちゃんも誕生し、次々と珍騒動が巻き起こるのだが…。

(C) 赤塚不二夫/TMS

テレビシリーズ

アドベンチャー

1971.10.24〜1972.03.26/よみうりテレビ系/1話30分 全23話

狙った獲物は必ず奪う神出鬼没の大泥棒・ルパン三世。彼はかの名高き怪盗ルパンの孫だ。早撃ち0.3秒のクールなガンマン・次元大介、特異の斬鉄剣でどんなものでも真っ二つのサムライ・十三代石川五ェ門、謎の美女・峰不二子たちの仲間とともに、彼を捕まえるのを生きがいとしている警視庁の敏腕・銭形警部や、白乾児や魔毛狂介たちの暗黒街の強敵を相手にしながら、今日も華麗にお宝を頂戴するのだった。

原作:モンキー・パンチ (C) TMS

テレビシリーズ

ヒューマン

1972.04.05〜1973.03.28/フジテレビ系/1話30分 全52話

日本一の剣士にならんと志す赤胴鈴之助は、江戸で名高い北辰一刀流・千葉周作の千葉道場に入門。周作とその娘・さゆりは、厳しい修行を続ける鈴之助を暖かく見守る。そのころ、幕府転覆を狙う鬼面党が跳梁。鈴之助と兄弟子の竜巻雷之進、そして周作らは、天下のために立ち上がる。次々と鈴之助らに襲い来る鬼面党一味。鈴之助は、苦心の末に編み出した無刀の技・真空切りで、鬼面党一味をなぎ倒すのであった。

(C)武内つなよし/アースプロジェクト・TMS

テレビシリーズ

ギャグ&コメディ

1972.10.07〜1974.09.28/朝日放送系/1話15分 全206話

下町中学2年のひろしは、悪友ゴリライモとのケンカの最中、つまずいてカエルをシャツに貼りつかせてしまった。この世で一匹、平面ガエルピョン吉の誕生である。ひろしを女でひとつで育てた、かあちゃん、おてんば娘の京子ちゃん、古風な相棒五郎、江戸っ子気質の寿司屋の職人梅三朗、教師生活25年の町田先生、果ては悪ガキ新八に恋愛仕掛人くに子ちゃんも加わって、ひろしとピョン吉の住む下町は、騒動があとを絶たない。

(C) 吉沢やすみ/オフィス安井・TMS

劇場

キッズ&ファミリー

1972.12.17〜/配給/東宝/35分

竹やぶの一軒屋にたった一人で住んでいた少女ミミ子。小学生ながらしっかり者のミミ子が買い物から帰ってくると小さな子パンダのパンちゃんが庭にいた。さらにその親のパパンダも現れる。ミミ子に父親がいないことを知ったパパンダは自分が父親代わりになると言い、ミミ子はパンちゃんの母親になると決める。こうして2頭はそのままミミ子と暮らすことになり、奇妙で楽しい新生活が始まった。原案は宮崎 駿によるもので、後の宮崎名作アニメの源流と位置づけられる。ユーモラスで愛くるしい2頭のパンダは今なお人気。

(C) TMS

劇場

ヒューマン

1973.03.18〜/東宝/24分 1話完結

シリーズ第17話「嵐の中のテスト生」を“東宝チャンピオンまつり”にて上映。

(C)梶原一騎・川崎のぼる/講談社・TMS

テレビシリーズ

アドベンチャー

1973.04.04〜1974.03.27/フジテレビ系/1話30分 全52話

大西部の荒野で、幼くして母に死なれ、父親ともはぐれてしまった渡りイサムは、善良なロッテン・キャンプの人々の手を経て、悪の天才ウインゲート親子に拾われた。アウトローとしての冷酷な銃の教育を受け続ける日々……。だが、持ち前の正義心から、イサムは自分の銃が悪に使われることに疑問を持ちはじめ、ついにはウインゲート親子と手を切る。正義と悪の銃、イサムはその違いを知ることで、一人前のガンマンになっていく。

(C) 山川惣治・川崎のぼる/TMS

テレビシリーズ

ヒューマン

1973.10.03〜1974.09.25/日本教育テレビ(現・テレビ朝日)系/1話30分 全47話

特攻隊の生き残りとして復員してきた飛鳥拳は、目的を失い、空手の腕にまかせて愚連隊の用心棒を勤めていた。暴力に明け暮れる毎日…だが、拳は、剣豪・宮本武蔵の生涯をつづった吉川英治の小説と出会い、自分の生きる道を見つけた。武蔵が剣に生きたように、自分も拳法に生きようと考えたのだ。山にこもり、厳しい修行を積んだ拳は、空手大会に出場。しかし、拳のまなざしの前には、“寸止め”ルールによって、闘うことの本性から遠ざかった世界が広がっていた。拳はたったひとり、空手界への戦いを始めていく!

(C)梶原一騎・つのだじろう/講談社・TMS

テレビシリーズ

ヒューマン

1973.10.05〜1974.03.29/毎日放送系/1話30分 全26話

岡ひろみは“お蝶夫人”と呼ばれる竜崎麗香にあこがれてテニス部に所属した、普通の女子高生だった。だがいきなり鬼コーチ宗方仁に可能性を見出され、テニスの資質を伸ばしていく。先輩や同期の妬みを買いながらも、親友の愛川マキや男子部員の藤堂貴之たちに励まされ彼女は成長していく。そして、コーチとの絆も深まるのだが…。

(C)山本鈴美香/集英社・TMS

テレビシリーズ

ヒューマン

1973.10.07〜1974.09.15/よみうりテレビ系/1話30分 全46話

将来の巨人軍のためにサムライ魂を持った新人を求めていた川上監督は、2軍選手・八幡の紹介で、土佐嵐高校の番場蛮を知る。最初はでっかい奴は嫌いだと、巨人入りを拒否した蛮だったが、恋する理香のすすめで、やむなく入団を決意。巨人が嫌いでも、一度入団した以上はサムライは己を知る物のために死す。蛮は、川上監督の期待通り、巨人を優勝に導くため猛特訓で数々の新魔球を会得。ヤクルトの眉月や中日の大鵬と激突する。

(C) 梶原一騎・井上コオ/TMS

劇場

キッズ&ファミリー

1973.3.17〜/配給/東宝/39分

竹やぶの一軒屋にたった一人で住んでいた少女ミミ子。小学生ながらしっかり者のミミ子が買い物から帰ってくると小さな子パンダのパンちゃんが庭にいた。さらにその親のパパンダも現れる。ミミ子に父親がいないことを知ったパパンダは自分が父親代わりになると言い、ミミ子はパンちゃんの母親になると決める。こうして2頭はそのままミミ子と暮らすことになり、奇妙で楽しい新生活が始まった。原案は宮崎 駿によるもので、後の宮崎名作アニメの源流と位置づけられる。ユーモラスで愛くるしい2頭のパンダは今なお人気。

(C) TMS

テレビシリーズ

ギャグ&コメディ

1974.10.05〜1975.03.27/朝日放送系/1話15分(第117話より30分1話) 全137話

原始時代のギャートルズ平原を舞台にはじめ人間達のおおらかな日常を描いた傑作ギャグ漫画の完全アニメ化! 叫び声が石になる等シュールなギャグ、類人猿のドテチン、マンモスらユニークなキャラクターがいっぱい。OP/ED作曲はかまやつひろしが手掛け、エンディングはスガシカオらにカバーされ続けるほどの名曲である。また無名時代の久石譲(本名の藤澤守名義)が担当した音楽も聞き逃せない!

(C) そのやま企画・TMS

次の8件
PAGETOP