8月7日放送 第17話『プールだ、水着だ、こわいもん』
脚本 高橋ナツコ 絵コンテ 高橋滋春 演出 土屋日 作画監督 猪狩英憲
1学期の終業式の日。高校の廊下で騒ぐ結平。ゆずゆの為に、プールのチケットを手に入れたのだった。
昨日、幼稚園でプールの時間がある事を知ったゆずゆは、プールは大嫌いと泣いて帰ってきたと心たちに話す結平。その為に、自分がゆずゆを特訓するのだと言う。
その日の午後、早速、ゆずゆとプールにやって来た結平。軽いノリでゆずゆの顔に水をかけると、大声で泣かれてしまう。

7月24日放送 第16話『しょーちゃん、またね・・・』
脚本 吉村元希 絵コンテ 石踊宏 演出 石踊宏 作画監督 野田康行
保育参観日の一件で、学校でも元気のない結平。そんな結平を心は優しく抱きしめる。
母親にゆずゆのお迎えを頼み、翔太の母に会いに行く結平。そこで、昨日、翔太の母に言われた事について自分なりに話す。自分は、ゆずゆの気持ちに応えてあげたい。ただそれだけ・・・と。
その後、家路に着く翔太の母。嬉しそうに出迎え、抱きつく翔太。その弾みで、買い物袋を落としてしまった翔太母はカッとなり、翔太を跳ね飛ばす。翔太は階段下へ落ち、意識を失ってしまう。

7月17日放送 第15話『おねぇさま参観日に行く!』
脚本 吉村元希 絵コンテ 井草かほる 演出 落合正宗 作画監督 初見浩一
ゆずゆの保育参観がある事を知った鈴子は、自分も行くと言う。
その頃、翔太は、買い物から帰った母親に暴力を振られる。翔太の母は、保育参観のことを翔太がすぐに伝えなかったため、他の若い母親たちに馬鹿にされたと怒っていた。

7月10日放送 第14話『さくらぐみの翔太くん』
脚本 吉村元希 絵コンテ 奥脇雅晴 演出 楠本巨樹 作画監督 松岡秀明、野道佳代
結平に送り届けられた後、下駄箱へ急ぐ途中に転んでしまうゆずゆ。それを助けてくれたのは、さくら組の梨谷翔太くんという男の子。 結平の事をカッコいいと言ってくれ、ゆずゆは翔太に好感を持つ。
運動の時間の後、水道を使って虹の作り方を教えてくれる翔太。感動するゆずゆ。しかし、自分は失敗し、翔太に水をかけてしまう。
笑いあう二人だったが、体操着の隙間から、翔太の体の痣に気が付く。翔太は転んだだけだと言い、直ぐにそれを隠してしまう。

7月3日放送 第13話『ママ・・・』
脚本 高橋ナツコ 絵コンテ いわもとやすお 演出 堀内直樹 作画監督 津田義三
近頃、幼稚園の周りをうろつく不審な人物がいるという。保母さんたちに強引に頼まれ、様子を見に行く結平。
何と、不審人物とされていたのは、ゆずゆの母・都だった。驚く結平。都は少し、怯えているようだった。
結平は落ち着きを取り戻すと、自分がゆずゆの面倒を見ていることを告げる。
てっきりゆずゆを迎えに来たと思い込む結平だったが、都は、自分が来たことをゆずゆには内緒にしてくれと頼む。

6月26日放送 第12話『ゆずのおつかい♪』
脚本 藤間晴夜 絵コンテ 奥脇雅晴 演出 山口美浩 作画監督 高梨光
今日はゆずゆの幼稚園の休園日。結平はいつも通り高校へと行く。寂しいゆずゆは、結平にお弁当を作り、届けたいと言う。面白がって協力する三沙子、鈴子。
お弁当を作り終えると、一人で高校へ向かうゆずゆ。笑顔で見送る三沙子であったが、すぐに、鈴子に後を追うように言い、しぶしぶ従う鈴子。
マイペースに歩くゆずゆの後ろには、影からヒヤヒヤしながら様子を伺う鈴子の姿。そして、無事に高校へと到着する。
見知らぬ世界に一瞬、躊躇するゆずゆだったが、結平の為に勇気を振り絞り、中へと入っていく。





©槙ようこ・集英社/TMS・アニマックス・東映ビデオ

Copyright (C) 2004 TMS ENTERTAINMENT,LTD. All Rights Reserved.