6月19日放送 第11話『おだんごとゆずゆと心』
脚本 吉村元希 絵コンテ 井草かほる 演出 落合正宗 作画監督 初見浩一
ゆずゆがいなくなった事を知り焦る結平。家にも連絡はない。心当たりを探すが、見つからず、焦りは募る。
その頃、ゆずゆは、迷い犬を見つけ、飼い主の元へ送り届けようと当てもなく歩き出し、迷子になってしまっていた。そこへ、犬の飼い主が現れ、一人ぼっちになってしまうゆずゆ。結平の名を口に出しかけのを堪え、再び歩き出す。

6月12日放送 第10話『やきもち』
脚本 高橋ナツコ 絵コンテ 篠崎康行 演出 篠崎康行 作画監督 佐々木敏子
結平が遅れて幼稚園へゆずゆを迎えに行くと、既に母・三沙子が連れて帰った後だった。
家に帰るなり、鈴子にどやされ、三沙子からは自分が面倒見ようかと提案を受ける始末。明日からはきちんと頑張ると謝る結平。
翌日、学校で心にその出来事を落ち込みながら語る結平。そんな彼に、心は結平の明るさに触れると、自分の抱える悩みなど馬鹿らしく思え、そういう結平が好きなのだと伝える。

6月5日放送 第9話『ひとりぼっちの心』
脚本 高橋ナツコ 絵コンテ 荻原露光 演出 荻原露光 作画監督 初見浩一
朝から賑やかな片倉家。一方、心は今日から始まる一人暮らしの事で父親と冷えきった会話をしていた。
その日、結平が登校すると、ナッツに彼氏が欲しいと言われ、自分がなろうか?と無邪気に言う結平だったが、結平は遊び相手であって、彼氏にはならない。このままだと結平は死ぬ時一人だと言われ、ショックを受ける。
夕方、おつかいに出る結平とゆずゆは、高級マンションの前で心と出会う。聞くと、今日から一人暮らしをするという。心は父親が再婚する為、家を出たのだ。一人ぼっちじゃ寂しいよというゆずゆの言葉に、心には母親がいない事を思い出す・・・。

5月29日放送 第8話『クマさんとニンジンとパパとママ』
脚本 島崎大基 絵コンテ 奥脇雅晴 演出 石踊宏 作画監督 野田康行
都からの手紙を読む片倉家一同。彼女は今、福岡にいるという。探しにいこうかと悩む母に対し、鈴子は都が自らゆずゆを迎えに来なければ意味がないと強く制止。同封されていたゆずゆへの手紙を悩んだ末、本人に渡す結平。ゆずゆは、それを一読すると、すぐにかばんにしまい、トイレへ行ってしまう。結平は何が書かれていたのか気になってしまう・・・。

5月22日放送 第7話『おいっちに!プリン!』
脚本 藤間晴夜 絵コンテ いわもとやすお 演出 堀内直樹 作画監督 秦野好昭
ゆずゆの運動会が次の日曜日に迫り、応援に行こうと気合の入る片倉家一同。しかし、当のゆずゆはあまり乗り気でない様子。何かあったのかと、姉と母の命令で探りを入れる結平。すると、入場行進が上手く出来ない為だとわかる。そこで早速、結平とゆずゆは練習を始める。





©槙ようこ・集英社/TMS・アニマックス・東映ビデオ

Copyright (C) 2004 TMS ENTERTAINMENT,LTD. All Rights Reserved.